記録映像ワクチン後遺症上映会に参加してきました

千葉県館山市で2022年3月27日(日)にワクチン後遺症上映会が開催されました。

場所はサンセルモ玉泉院 館山会館さんですね。 
入場すると会館スタッフさんが暖かく迎えてくれました。

受付には ワクチン関係のチラシがずらりと揃えられていました。
希望者には無料で配布して頂けるとのことで数部づつ頂いてきました。 

こうゆう理解を深められる資料を提供頂けるとありがたいですね。

少し 受付から進んだ所に、泉大津市長の南出 賢一さんの

「新型コロナワクチン接種についての市長メッセージ」資料が展示されていました。

市長という立場で非常に慎重に情報収集判断された上でのメッセージなので読んでいて非常に説得力がありました。

写真だと見ずらいと思いますので 大泉市の公式ページを共有させて頂きます。

クリックすると飛べます⇒ 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(R4.3.4)


そして肝心の「記録映像ワクチン後遺症」上映会の内容については 著作権等の事を考慮し画像撮影などは控えましたが、視聴できて良かったです。

ワクチン後遺症を患っている方が、既にこんなに多くいらっしゃることに心を痛めましたが
同じ日本国民としてしっかり認識して今後について真剣に考えていく必要があるなと思いました。


そして上映終了後に 

今回の上映会主催者である

日本有志看護師の会 川崎洋子さんの講演がありました。
(事前撮影許可取っていなかったので写真撮影などは控えました)

医療現場でワクチン接種をする立場だった経験、

そしてワクチンに対して違和感を持つようになった経緯まで正直に生々しく語ってくれました。


講演に参加された方々も質疑応答の際には積極的に参加され白熱した講演会でした。


会場にいて伝わってきたことは 私を含め参加者の皆さんが 主催された川崎さんに対して

『この上映会、講演会を開催してくれて ありがとう!』という気持ちでした。

講演会が終わり、一旦イベントが締められた後も川崎さんを囲み一時間くらい交流が続いていました。

素敵な上映イベントや交流の機会を作って頂いたことに感謝します。

タイトルとURLをコピーしました