子どもへのワクチンは必要?

子どもへのワクチンは必要?

満12歳からコロナワクチンの接種が可能ですが、子どもがコロナに感染し重症化して死亡に至る確率は隕石に当たって死ぬよりも低いということをご存じですか?
本当に子どもへのワクチン接種が必要なのかしっかり調べてみませんか?

☞ワクチンがどのようなものなのかは「ワクチンは安全なの?」ページより確認いただけます。

COVID-19新規患者数が増加していますが、小児患者の割合はわずかな増加に留まっています。変異ウィルスに感染した場合も多くが無症状から軽症で経過しています。
http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=369

厚生労働省は、2021年10月15日まではごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されていますと発表しています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000844011.pdf

しかし、2021年12月4日に「モデルナとファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、若い男性でごくまれに心臓の筋肉に炎症が起きる「心筋炎」などが起きていることから厚生労働省は重大な副反応として注意を呼びかけるとともに、医療機関に報告を求めることを決めました」と発表されました。

ワクチン接種後の「心筋炎」などは “重大な副反応” 厚労省 | NHKニュース
【NHK】モデルナとファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、若い男性でごくまれに心臓の筋肉に炎症が起きる「心筋炎」などが起…

ごくまれにと曖昧な表現をしてから約2か月ほどで重大な副反応に変更されました。

下記の表からも若い人ほど心筋炎になる可能性が高いことが分かります。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0079.html


コロナに感染しても重症化や亡くなる子どもはほぼいなのに、ワクチンを打って心筋炎になり死亡するリスクが高くなる可能性があります。まだ治験中のワクチンです。
政府が重大な副反応と発表しても、ワクチン接種は任意です。接種後に亡くなった方、副反応の後遺症で苦しんでいる方への補償はほぼされていません。
打ってからでは遅いです。お子様へのコロナワクチン接種について、もう少し考えてみませんか?

こちらのページもご覧ください

タイトルとURLをコピーしました